審査にスムーズに通過し限度額を高くするコツ

はじめての消費者金融でちょっと大きな金額を借りたい。
そういう場合審査に通過しやすくするためにはどうしたらよいでしょうか。

はじめての方にいきなり大きな金額を貸すと言うのは消費者金融会社だけでなくどこでも
慎重になるものです。

はじめての利用の際は申し込みを行う時は5万円から10万円ほどの金額で
申し込みを行う方が審査に通りやすくなります。

いきなり限度額が高い申し込みですと審査も慎重になり時間がかかるもの。
時間的に余裕があればはじめは5万円ほどを希望して審査に通過後即返済し信用を得てから

次に借りる時は限度額額をアップする相談をしてみましょう。

まずはとにかく審査に通過をしなければお金を借りると言うことはできないのです。

お金を借りる際はできるだけ余裕を持って確実なものを選びましょう。

あくせくして限度額を高くして審査に通過できないと最悪です。

まずは審査にスムーズに通過しましょう。

収入証明とはどのようなものを言うのでしょうか?

消費者金融では必要書類として収入証明書が必要な会社がほとんどです。

特に50万円以上の借り入れとなるとほとんどの場合必ず必要となります。

収入証明書とは給与明細書や会社が発行する源泉徴収票、

住民税納税証明書、住民税納税通知書などです。

過去数カ月分の給与明細なども収入証明として認められる場合もあります。

いくら消費者金融会社でお金を借りるためとはいえ

自分の収入が知られると言うのはあまり気持ちのよいものではありません。

できれば消費者金融会社でお金を借りる際は

50万円以下キャッシングにしておき

収入証明不要で手続きをした方が審査もスムーズですし

自分の収入を知られずに済みます。

お金を借りる際は本当にその金額が必要かどうかをよく検討して

必要最小限のお金を借りるようにした方が

返済も書類提出も負担が軽く済みます。

大きな金額を借りる際は十分に注意をしましょう。

人に自分の収入をみられるのは嫌。でもお金が借りたい。

消費者金融会社でお金を借りると言う場合は必ず色々な審査が行われます。
申し込みフォームで申し込みをし、その後に職場に電話をかけ
在籍確認が行われます。

 

必ず提出するものは身分証明書です。運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。

そのほかに必要な種類という収入証明書です。

所得証明書、源泉徴収票、給料明細書など。
準備するのにちょっと手間がかかる場合があります。

 

いくなお金を借りたいと言っても自分の収入状況を人に知られるってのは抵抗がありますよね。
あまり気持ちの良いものではありません。

急な出費というのは給料日前の数万円と言った場合がほとんど。
大手消費者金融会社のほとんどが収入証明書が必要な場合は50万円以上の借り入れの時のみ。

50万円以下なら審査もスピーディで
提出する書類は身分証明書のみ。
急ぎの場合の即日融資も可能です。

収入証明不要の場合のキャッシングは限度額が限られてしまいますが
消費者金融会社は必要最低限の金額で借りて確実に返済期間までに
お金を返済することが大切なので
トラブルも防止できます。

 

 

収入証明書は必ずキャッシングの際は必要なのでしょうか。

はじめて利用する消費者金融。
申し込む際は在籍確認の電話や必要書類の提出があります。

一般的に必要な書類というのは
運転免許証や健康保険証やパスポートなどの身分証明書。

そして源泉徴収票や給料明細書などの収入証明書です。

収入証明書なしのカードローンなら一番安心です。

 

しかし自分の収入を人に見られたくない、
今すぐ借りたいので書類をすぐには提出できない。

 

なんとか収入証明書無しでお金を借りられることは可能なのでしょうか。

収入証明書が無くでもお金を借りられることは可能です。
ただしはじめてのキャッシングをする場合に50万円以下というのが条件です。

 

50万円以上の場合ですと必ず収入証明書は必要となりますが

急な出費で数万円という場合には収入証明書は必要なくお金をかりられます。
つまり身分証明書さえ用意をすれば大丈夫。

書類が無くて即日融資を受けられなかったという心配はありません。

今はたいへんキャッシングも便利になり多くの方が利用できるようになりました。
急な出費とは仕方が無いことでお金を借りるのは恥ずかしいことではありません。

上手に賢く利用をしましょう。